結婚式であこがれのドレスを着用しよう

結婚式は女性にとって人生で大切なイベントの一つですよね。憧れのウェディングドレスを着て結婚式や披露宴を開くのは誰しも想像するだけで浮足立つのではないでしょうか。結婚式の準備はとにかく忙しいですが、やはり憧れのドレスを着たいと思う女性心がそうするのか、色々なデザインや素材のものを何回も納得がいくまで試着して決めるので、ドレス選びの時間にかなり時間を割く方が多いです。やはり自分が主役の晴れ舞台ですから自分に似合った素敵なモノを着たいものですよね。ショップは式場と提携のショップと提携ではないショップがあります。提携ではない場合は、持ち込み料が数万円程度別途かかります。ですが、持ち込みNGの式場さえもあります。ただ、式場にもよりますが、多くのショップと提携しているところが多いので持ち込みにしなくても気に入ったモノが見つかる場合が多いです。

ショップで試着するにはどうすればいい?

まず、ショップで試着する場合、電話などで予約をする必要があります。人気のショップの場合、1カ月待ちのところもあったり、キャンセル待ちで、たまたま予約が取れるという場合もあります。試着の時間は、そのショップにもよりますが、だいたい1時間~2時間かけて行います。ショップからは何月何日に着用する予定があるのかとどの式場で挙げるのかをヒアリングされます。ショップのスタッフの方が、その期間に貸し出し可能なもので、その式場に合ったものをチョイスしてくれます。勿論、本人がどんなデザインを着たいのかも考慮してくれます。最初は自分にはどんなものが合うのか分からず、イメージがない場合、とにかく多くのものを試着する方もいらっしゃるかと思いますが、スタッフの方が体形や年齢、式場を考慮してどんなものにしたらいいのかアドバイスもしてくれます。

どんなデザインのものが合っているの?

本人が主役となりますので、式場に負けないくらいのものをスタッフの方が提案してくれます。それから、同じ式場でも会場の内装をどんな感じにしたいのかによっても提案は異なります。また、会場に関係なく人気が高いのは、可愛いらしいハートカットのものです。胸の谷間も綺麗に見えますし、スタイルも良く見えます。また、袖ありのものは二の腕カバーになりますので、二の腕が気になる方は袖があるものを選ぶと細身に見えます。それから、長袖のものは、とても厳かな雰囲気になります。それと、上半身のデザインだけではなく、下半身のラインも重要です。プリンセスラインは、下半身にボリュームが出て所謂童話の御姫様のようなデザインで可愛らしさが出ます。そこまでボリュームが必要ない方の場合は、一般的な形のAラインも人気です。また、スレンダーなカッコいい体形の方はマーメイドラインが似合います。こちらは、かなり大人っぽい雰囲気になります。